お金を借りるのに抵抗があるなら、クレジットカード換金をしよう

Explore

借りなくても作れる!

「借りなくても作れる!」のイメージ画像です。

どうしてもお金がなくてつらい時はクレジットカードの換金という手段もあるので利用するといいですよ。

大人になると急に大金がどうしても必要になってくることがあるかと思います。
多くの人はコツコツと貯金をしていると思いますが、人によっては家庭環境などが影響してほとんど貯金がなかったりするでしょう。
特に急な出費としてもっとも多く挙げられるのは間違いなく冠婚葬祭に関連することだと思います。
冠婚葬祭に関することはかなりお金がかかってしまうので、手持ちがない人はどうしようかと考えることになるでしょう。
ではお金が足りたいと思ったときに、あなたはどんな行動を起こしますか?

一般的にはどこかからお金を借りるという選択肢を選ぶことになると思います。
親や兄弟といった身内から借りることができればそれに越したことはありませんが、人によってはまったく頼ることができなかったりするでしょう。
そういう場合は嫌でも消費者金融を使ったり、カードでキャッシングをするといった形になってしまうと思います。
ただ消費者金融から借りるというのは、できるだけしたくないとあなたも思っているはずです。
なぜなら、借金をすることになるからです。
最初から返せる見込みがあると断言できる状態ならまだしも、ほとんどの人は返すことを考えるのを後回しにすることになるでしょう。
一度でも借金をしてしまえば、返済するまで常にお金の心配をしないといけないのでつらいですよね。

でも安心してください。
今はクレジットカード換金という方法があります。
クレジットカード換金と聞いてよくわからない人が多いと思いますが、これは誰でもできるとても簡単な方法となります。
あなたがクレジットカードを1枚でも持っていればできることなので、借金を作りたくない人はまずクレジットカード換金方法を知り実践してみてほしいと思います。

「とても簡単な仕組み」のイメージ画像です。

とても簡単な仕組み

お金を借りなくても作ることができるのはクレジットカードを換金、つまり現金化させるという方法しかありません。
借金をすることに抵抗があったり怖い人ほど、クレジットカード現金化を試してみるべきでしょう。

ではクレジットカード現金化について、その具体的な方法に触れていきたいと思います。
おそらく聞いたことない人は、怪しい方法を想像しているのではないでしょうか。
クレジットカード現金化というのは、もちろんまったく怪しい方法ではなくとても普通の方法です。
その仕組みは、ずばりクレジットカードのショッピング枠を利用するということ。
クレジットカードというのは本来ショッピング枠を使って買い物をするか、もしくはキャッシングという形でお金を借りることができるものです。
しかし今回話しているクレジットカード現金化は、当然キャッシングをするという方法ではありません。
あなたにやってもらいたいのは、ショッピング枠を使って買い物をしてもらうということ。
そしてただ買い物をするのではなく、それを今度は売ってください。
するとどうなるかというと、あなたはショッピング枠を消費し代わりに現金が手元にある状態になります。
クレジットカード現金化というのは要するにたったこれだけのことなので、まったく何も心配する必要ありません。

ただしここで気をつけないといけないのは、クレジットカード現金化の際には損をしすぎないようにすることです。
買った商品を売る際には基本的に買った金額よりも安くなってしまいますが、そのやり方がまずいと大きく損してしまう可能性があります。
だから実践する前には徹底的にリサーチが必要になるでしょう。
たとえば10万円手に入れようと思ったら、できるだけ10万円で商品を買ってそれを10万円で売らなければいけません。
しかしやり方がまずいと、10万円で買った商品が5万円でしか売れなかったみたいなことが起こってしまいます。

「より簡単にできる方法」のイメージ画像です。

より簡単にできる方法

クレジットカード現金化という仕組みについてしっかりと理解してもらえたと思いますが、いくら仕組みがシンプルでも実際にやろうと思ったら結構時間がかかってしまったり、難しいなと感じることがあるかもしれません。
要するに転売屋みたいな感じで考えて行動していかないといけないので、なかなか頭を使うことになるでしょう。
いくら借金を避けたいからといって、さすがにそこまで手間と時間をかけてクレジットカード現金化を実践しようとは思わないかもしれませんね。
万が一のことがあれば大損してしまう可能性もあるので、賢い人はかなりリスキーだなとすぐに察してしまうと思います。

しかし、あなたはそんな心配をする必要すらありません。
というのも、誰でもクレジットカード現金化をスムーズにしてもらえるように今は環境が整っています。
つまりあなたは自力でクレジットカード現金化をしなくてもいいということです。
特に大人だったら仕事などで忙しい日々を過ごしていると思いますので、なかなか自力でするのは難しいと思います。
そこであなたが利用するべきなのが、クレジットカード現金化を手伝ってくれる専門の業者です。
ネットで調べてみると、クレジットカード現金化の手伝いをしてくれる業者がたくさんヒットします。
専門業者に依頼することにより、手間のかかるリサーチや作業といったものはすべて簡略化することができるのです。
つまりまったく苦労することなく、しかもスムーズにクレジットカード現金化を実践してもらえるでしょう。

では業者に依頼することでどんなプロセスになるのか?
まず業者はあなたに対して電子ギフト券などを買うことを指示してくれます。
業者から買ったその商品を今度は同じ業者に買い取りしてもらい、その際に発生する現金が業者から振り込まれるといった仕組みになります。
つまり商品を探したりすることもなく、売る場所も探す必要がなくなります。
だから一瞬でクレジットカード現金化が実現できるわけです。
やり方は業者によって他にも色々ありますが基本となる仕組みは同じなので、ぜひ試してみてください。

「換金率には注意する」のイメージ画像です。

換金率には注意する

まったくの初心者だという人に向けて、クレジットカード現金化について気をつけるべきポイントについて紹介しておきましょう。

まずクレジットカード現金化をする際に専門業者に依頼する場合、必ず換金率をチェックしてください。
どこでも換金率が何パーセントになっているのかを提示していて、その換金率が高いほど損が少なくなります。
一応専門業者はボランティアであなたにサポートしてくれるわけではありませんので、利用する際には現金化する金額の何パーセントかは手数料(サービス料)といった形でなくなってしまいます。
たとえば換金率が80%であれば、10万円の換金で実際に手元に振り込まれるのは80000円になります。
つまり残りの20%は業者の利益になるということです。
だから換金率が低いところを選ぶよりも、当然高いところを選んだ方がお得なわけです。

ただしここで気をつけないといけないことがあります。
というのも、換金率については一般的に利用金額によって変動します。
たとえば20万円までなら換金率80%となっていて、それ以上の換金をする場合は90%まで上がるといった形が最近主流になっています。
しかし業者によっては、一律で95%とか98%などと謳っている場合があります。
数字だけでみればこの方が圧倒的にあなたにとってお得ですが、残念ながら悪質な業者である可能性があるわけです。
世の中にはなかなかおいしい話なんてありませんから、相場とかけ離れすぎているような業者を選ぶのはかなりリスクがあると思っておいてください。
悪質な業者を選んでしまうと詐欺に引っかかる可能性が高まるので、なかなかお金を振り込んでくれなかったりなどのトラブルが発生してしまうことになるでしょう。
だから必ず相場に従ってサービスを提供しているようなところを選ぶことが大事です。